西島悠也|福岡災害対策研究部

西島悠也|福岡災害対策研究部発足に当たって

 

西島悠也

 

 

災害対策において最も重要なことは「心構え」です。

 

万が一の時の為に様々な備えをしていても、何よりも肝心なのは我々人間の心構えなのです。

 

例えば自動車の運転で考えると、「だろう運転」だと事故に遭う確率が上がり、「かもしれない運転」だと事故に遭う確率が下がるというのが分かりやすい例です。

 

「災害は起きないだろ」と考えていると、いざその時にどうすればいいか分からなくなってしまう。

 

「災害が起きるかもしれない」と考えていると、その時に冷静し対応でき、心の準備がされている状態で対処できるのです。

 

災害というのは予想が難しく、突然訪れるものです。

 

その時に大切なのは冷静に対処する心であり、「だろう災害」ではなく「かもしれない災害」の心構えが何よりも大切といえます。